注文住宅と建売住宅は何が違うのかが知りたい

違いが知りたい

お家

注文住宅とは

注文住宅とは、ゼロから理想の住宅を作りあげることが出来る方法です。土地選びから住宅の外観や間取り、さらには建築に使用する建材まで自分で決めることができます。ゼロから作り上げていくので手間がかかりますが、その分実際に厚木に住宅が出来上がったときの感動はひとしおです。

建売住宅とは

建売住宅は注文住宅に比べて手間や時間をかけずに手に入れられる住宅です。建売住宅はすでに出来上がった住宅を見学し、気に入れば購入するというような形になります。そのため土地探しや家の設計などの手間がかかりません。

こだわりたいなら注文住宅がおすすめ

注文住宅と建売住宅の違いについて紹介してきました。住宅造りにとことんこだわりたいのであれば注文住宅がおすすめです。次に注文住宅を建てるときの大まかな流れについて説明していきます。

注文住宅完成までの流れ

予算を決めて家のイメージを固める

注文住宅で家を建てようと思ったら、まずは予算を決めることが何より優先になってきます。テンションが上がってしまいついつい建築会社やモデルハウスなどの情報収集から行ってしまいがちですが、予算が具体的に決まっていないとそれらの作業が無駄になってしまいます。なので、まずは捻出できるお金やローンの借り入れ計画などを綿密に行い、予算から決めていきましょう。予算を決めることができたらいよいよ家のイメージを固めていきます。家族の要望を聞くことも大切ですが、将来のことも考える必要があります。住宅雑誌などを参考にするとイメージがわきやすいですし、参考になるアイデアがたくさん見つかるので参考にするようにしましょう。

建築会社を決定する

予算が決まり、住宅のイメージも固まったら住宅の建築を担当してくれる建築会社を選んでいきます。建築会社のホームページや口コミなどの評判を確認しながら選んでいくと良いでしょう。実際の施工例やその建築会社の強みなどをチェックしておくことも大切です。またネットの情報だけで完結させるのではなく、実際に住宅展示会などにも足を運ぶことも大切です。住宅の建築は時間がかかるので建築会社とは長い付き合いになります。スタッフの対応なども比較の対象にすると良いでしょう。

住宅ローンを申し込む

住宅の建築を依頼する建築会社が決定したら予算や家のイメージを伝えどういった家を建築していくか決めていきます。その中で見積もりを出してもらうのですが、見積もりがとれたらその見積もりを持って住宅ローンに申し込みにいきましょう。業者によってはローンの申し込みを代行してくれることもありますが、額が額だけにしっかりと自分で確認しておくことをおすすめします。借入先や額についてもしっかりと確認しておく必要があるので、自分で行う方が良いかもしれません。

工事開始

いよいよ工事が始まります。工事が始まるとホコリや騒音などで近隣の方に迷惑がかかるので、事前に挨拶をしておきましょう。後々のことも考えてこのタイミングで良好な人間関係を築いておくことも大切です。工事が始まったら適度に進捗を確認するようにしましょう。進捗を確認しながら、わからない点や気になる点は現場監督さんに確認すると良いかと思います。現場に足を運ぶときは工事を行っている作業員の方への差し入れを持っていくと良いでしょう。

竣工検査後が完了したら入居する

工事が完了したら建築会社の担当者の方と竣工検査を行っていきます。これは建築した建物に不具合がないかを確認するもので、万が一不具合が見つかった場合は遠慮せずに修繕を依頼するようにしましょう。竣工検査が完了したら注文住宅の建築の全工程が完了します。

[PR]

埼玉で注文住宅作りを!
素敵なマイホームに仕上がる♪

福岡エリアの工務店へ
お家作りをサポートしてくれる!

川口市で注文住宅作りを♪
デザイン、機能性の良い自宅へ

注文住宅について

家の模型

メリットについて

自分の理想にピッタリの住宅を建てたいと思ったら注文住宅がおすすめです。注文住宅は土地選びからこだわって家を建てることができます。注文住宅で家を建てるメリットについてみていきましょう。

READ MORE

注文住宅を建てた感想

理想の家が手に入りました

家を建てるにあたり、建売住宅にするか注文住宅にするかで迷っていたのですが、どうせ大きな買い物をするのであればとこどんこだわりたいと思い注文住宅で家を建てることに。結果的に自分の理想の家を建てることができたので注文住宅を選んで正解だったなと思っています。